第70回関東甲信越静学校保健大会
2019.08.20 20:11 更新
 第70回関東甲信越静学校保健大会歯科職域部会は、令和元年8月1日(木)15時30分より新潟市のアートホテル新潟駅前で開催された。

特別講演「学校歯科保健活動―新潟県における取り組みからの検討」の演題で新潟大学大学院医歯学総合研究科あし原明宏教授による講演を拝聴した。
公診連携を重要視し、49年前よりフッ化物洗口実施し、新潟県歯科保健推進条例を作成し実施、19年間・日本一むし歯の少ない県で有名となった。
また2日に朱鷺メツセで大会が開催され、班別研究協議会において「生活習慣病の予防等を目指した歯・口の健康づくり」の課題が協議された。

(報告:会長 草柳 英二)
練馬区よい歯・よい子のつどい2019
2019.06.25 23:03 更新
 時折激しい雨が降る中、令和元年6月22日午後練馬区役所本庁舎地下にて練馬区・練馬区歯科医師会主催により今年で34回目となる「練馬区よい歯・よい子のつどい2019」が開催されました。 まずは、公務多忙の前川燿男区長に代わり山内隆男副区長が、「健康なからだは健康な歯からとも言われように何でもおいしくよくかんで食べるには歯は必要不可欠であること」に触れた区長からのお祝いメッセージが披露されました。公益社団法人練馬区歯科医師会の斎藤良三会長より、「450点の応募があった歯・口の健康に関する図画・ポスターコンクールは今年も力作揃いでありました」と述べられました。歯―トファミリーコンクールは最優秀賞1組、優秀賞4組、歯―トファミリー賞15組が表彰されました。これは、昨年度の3歳児歯科健診でむし歯のないお子様とそのご家族が対象で、応募のあったご家族の中から審査の結果選ばれた方々です。むし歯がないのはもちろんのこと、歯並びや歯肉の状態までが審査されます。毎日の家庭でのケア、定期的なかかりつけ歯科医院の受診、甘いものを控えるなど気を付けていらっしゃるようでした。
歯・口の健康に関する図画・ポスターコンクールは、図画が小学校1年生から3年生、ポスターが小学校4年生から6年生です。図画は特賞1名、優秀賞4名、歯科医師会賞5名、ポスターは特賞1名、優秀賞4名、歯科医師会賞6名。今年は特別支援学級からの応募もあり特賞1名、優秀賞2名が選ばれました。作品はこのHPでご覧になることができます。
最後は、ネリ丸くんとの記念撮影やバルンアートと皆さん受賞の喜びを分かち合っていらっしゃいました。
(文責 山室直子)
練馬区教育委員会、学校歯科医会との協議会
2019.06.21 19:27 更新
  New!
令和元年6月6日、河口教育長ご出席のもと開催されました。協議題2項目を討議しました。最近の児童生徒の惨事が話題となりました。給食後の歯歯みがきを推奨し、本年も歯ぶらしを約3800本寄贈する予定です。練馬区の児童生徒父兄から投稿メールを紹介し、今後の検討を協議しました。今後も歯と口の健康に尽力するつもりです。





(報告:会長 草柳 英二)

- CafeLog -