本文へスキップ

歯と口を通して児童生徒の健康を応援します!

会長挨拶と沿革

会長挨拶

私は、平成27年4月1日より練馬区学校歯科医会の会長職を拝命いたしました草柳英二と申します。今後どうぞよろしくお願い申し上げます。

 練馬区学校歯科医会は、昭和30年4月に練馬区歯科医師会から独立し、第1回目の定時総会が開催されましたのが始まりと練馬区歯科医師会50年史に記載されております。発足後、練馬区内の児童生徒の歯と口の健康のために幾多の事業を始動しました。練馬区虫歯半減運動(昭和30年)・本会代表的事業である小・中学校校長との研修懇談会(昭和37年)・よい子のバッチ配布制度(昭和41年)などの主要年間事業を促進し、練馬区学校保健大会(昭和57年)にも積極的に協力を行い、全国大会等にも参加をし、研究発表をも成し遂げ、行政との連携を堅持し児童生徒の歯と口の健康水準を引き上げ、尽力を注いでまいりました。
 また対外的には、日本学校歯科医会の会長職に関口龍夫先生・西連寺愛憲先生・中田郁平先生の方々が就かれ、全国的見地から多くの事業が先輩諸氏のご尽力により順調に推移されております。新執行部は従前の執行指針を支軸にこれら多くの業務を円滑に推進し、尚且つ何事も慣例に囚われず、改善すべきことは改善をし、正路第一に遂行してゆきたいと考えております。

 私の指針として本執行部は、会員の多くの声に耳を傾け、先生方と風通しの良い環境を整え、行政・学校関係者・練馬区歯科医師会・連盟・各大学同窓会との良好な連携を図って行きたいと懇願しておりますのでご指導・ご鞭撻の程お願い申し上げます。


沿革
 本会は昭和30年4月に練馬区歯科医師会から独立し、事業活動を開始しました。
 主な事業は
  昭和30年 練馬区虫歯半減運動
  昭和37年 小中学校長との研修懇談会
  昭和41年 ライオン歯科衛生研究所との学校巡回指導(平成26年まで)、
       よい歯のバッヂ配布制度
 等の年間事業を展開しています。
 また、毎年行われている歯の衛生週間行事「練馬区良い歯良い子の集い」や練馬区学校保健大会にも積極的に参加しています。

 


練馬区学校歯科医会

〒176-0012
東京都練馬区豊玉北6−5−13

TEL 03-3557-0045