本文へスキップ

歯と口を通して児童生徒の健康を応援します!

会長挨拶と沿革

会長挨拶

日頃より、本会事業の推進運営に多々ご協力を賜り、御礼申し上げます。本年は、練馬区歯科医医師会が昭和22年に設立されて以来70周年をむかえました。その後練馬区学校歯科医会も、昭和30年に練馬区歯科医師会から独立、第1回目の定時総会が開催され設立となりました。以来それから本年まで約64年もの歴史をもつ都内でも由緒ある学校歯科医会の組織に成長し、会員一同喜ばしい限りです。これも先輩諸氏の絶え間ない努力の賜物と感謝しております。
本会は、練馬区教育委員会と協力し昭和30年頃には練馬区の児童・生徒の口腔の健康を改善するために「むし歯半減運動推進事業」を中心に練馬区の小・中学校等の学校保健に尽力を注ぎ、半世紀にも及び区内の児童・生徒の「歯と口の健康」に大きな成果がえられました。引継き現在では「児童・生徒の歯と口の健康事業」と改名して練馬区教育委員会と連携を保ち、学校保健に関する多くの業務を展開し遂行しております。春・秋の健康歯科健診、就学時健診はもとより、教育委員会と小学校・中学校校長会と学校歯科医会との研修協議会では三者間の親睦を深め好評を博しております。
また全国学校歯科保健研究大会・全国学校保健安全研究大会・東京都学校歯科保健研究大会、練馬区学校保健大会等には毎年積極的に参加しております。「給食後の歯みがき運動」を教育委員会と共に前面に推奨し、「歯垢染色」・「学校保健と給食後の歯みがきのアンケート調査」・「給食後の歯みがきと歯肉炎について」・「特別支援学級のアンケート調査」等を学術委員会を中心に調査・研究を行い東京都学校歯科保健研究大会等に発表し、尚かつ今後日本学校歯科医会・東京都学校歯科医会の冊子にも掲載する予定であります。
また平成28年4月に立ち上げたホームぺージも順調に推移し、組織の業績・宣伝・新情報の更新に力を注いでおります。またHP委員会では、歯科のQ&A・図画ポスター入賞作品・作文コンクール入賞作品等も掲載・更新しておりますのでどうぞご覧ください。
私たち練馬区学校歯科医会は、今後も練馬区の児童・生徒の「歯と口の健康」を堅持するために学校歯科医の活動指針を基本に学校歯科保健活動に尽力を注ぎたいと願っておりますので、皆様方のご指導・ご鞭撻をお願い申しあげます。


練馬区学校歯科医会

〒176-0012
東京都練馬区豊玉北6−5−13

TEL 03-3557-0045